トップ > ブログ > 中学生の頃

中学生の頃

夜は中学生を対象とした夕食付き個別指導教室を
やっております。

イマドキの中学生とお話をするのはなかなか難しい(汗)

「将来やりたいことあるの?」

と聞くと、中には“○○になりたい”と
かなり具体的に将来の夢を語る生徒もいます。

ほぉ~すごいなぁ~と感心することがあります。

私が中学生のころの夢・・・
・料理人
・映画監督
・先生
・田舎暮らし(カブトムシが庭にいるような環境)

今、思い返せば、子供っぽい夢だけど、当時は真剣でした。
実家の小さな庭にクヌギのドングリを植えたりして(笑)

高校卒業時に、親に料理人になりたいと伝えたら
反対されて断念。

映画監督は専門学校の資料を取り寄せるまではしたけど断念。

先生になるために、サラリーマンになってから、佛教大学に
社会人入学までしたけど途中で断念。

なかなか夢というのは叶わないものです。
・・・というか、私が中途半端で未熟だっただけなのですが。

でも、不思議なもので、心の奥底にずーっとあるんですね。
夢の灯が。

今さらなのですが、
料理人になりました。
映画監督ではありませんが、シアタールームを所有して毎日映画観てます。
映画監督ではなく、映画評論家(汗)
先生になりました。
今年も庭にカブトムシの幼虫(野生)がおります。

なんか全部、“正式”な感じではないのですが(笑)
曲りなりにも夢は叶っております。

何が言いたいのか・・・と言いますと、
夢の灯を点し続けることって大事なんじゃないかということです。

あきらめないで。

正直、めちゃくちゃ失敗もしています。
あんなことしたり、こんなことしたり、思いつくままに
あれこれやりました。

10やって1残ればオッケーくらいの感覚でやってます^^

私が一番恐れていることは、“何もしないこと”
これほど怖いことはありません。

中島みゆきさんの曲でファイトという曲があります。
私が好きな部分、

“ファイト!闘う君の唄を~闘わない奴らが笑うだろ~”

今、中学生の生徒さんにも、失敗してもいいから好きなように
して欲しいと思います。

そして、いっぱい失敗して、もがいて、闘ってる姿を
周りの闘わない奴らに笑われても
ずっと夢の灯を点し続けて、いつか夢を叶えて欲しい。

そう思います。

そしたら、曲がりなりにも夢は叶う(笑)





スポンサードリンク

___________________________________________________

森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

カナマロン
℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
HP: http://kanamaron.com
email: info@kanamaron.com
___________________________________________________

営業時間とご予約

時間
11:00〜14:30 定休日

【お知らせ】
・14:00ラストオーダーです。
・日曜日は臨時休業の時があります。
・諸事情により10歳未満のお子様はお断りさせていただきます。

お電話でのご予約はこちら

08037867315

インターネット予約