トップ > ブログ > 後悔その2

後悔その2

の続き。

アメリカ人が死ぬ前に口にする後悔その2

I wish I had the courage to express my true self.
本当の自分を表現する勇気があればよかったのに・・・

周りのことばかり気にしてる人多いと思います。
他人に合わせて生きている人が多いと思います。

疲れますよね・・・

でもやめられない。
本当の自分を出すのが怖い。

特に日本はそういう教育をされてますし
そういう環境で育てられますから。

わがまま言っちゃダメ。
我慢・忍耐・・・
常識・協調性を大切に。

日本人の美徳みたいになっちゃってます(;´・ω・)

子供のころから長い時間をかけて、
潜在意識に埋め込まれたこれらの
価値観をリセットして新たに
“もっとわがままに自分を表現していいんだ”
と上書きするのは大変なことです。

周りの常識人が足ひっぱってきますしね(;´・ω・)

私の場合は、そういう人たちとの関係を
バスッと断ちました。

全然大丈夫ですよ^^

誰に気をつかうこともなく
誰にも合わせる必要はありません。

“いや、それまずいでしょ。”
と現状に留まる人と
“自分も思い切って断ってみようかな。”
と変わっていく人。

こうやって分かれていくんです。

こういう選択の繰り返しが人生であり、
今までの選択の結果が今の自分の状況です。(←キツっ(;´・ω・))

今の自分がまずい状況であれば、今までやってきた
選択がまずかったってことなんだから、
これからは、今までの自分なら選ばない選択をしないと
何も変わらないんですけどね・・・

なぜか今までどおりの選択をするんですよね。
変わらない人は。

なぜ今までどおりかというと、本当は
“現状維持”を望んでいるからです。

変わりたくないのです。本当は。

人は、不安は我慢できないけど、
不満は我慢できるんです。

だから新しいことへの不安より、
現状の不満に留まるのです。

変わることへの、未知の不安より、
変わらない現状の不満に留まる方を選びます。

その結果、ズルズルズル・・・と時間が過ぎて
死ぬ前に・・・
I wish I had the courage to express my true self.
本当の自分を表現する勇気があればよかったのに・・・
となるんでしょうね。

“courage(勇気)”
と書いているのはそういうことですよね^^
現状の不満から抜け出す勇気がない。

さて、では不安さえなければいいわけで。

人は結局、安心・安全領域を広げることが目的な生き物なので、
不安さえなければ、ハッピーになれるのです^^

・・・とサラッと核心を書いてしまいましたが・・・
どうすれば不安がなくなるんだ???
って話ですよね。
つづく・・・(つづくんかいっ!教えろよ!)





スポンサードリンク

___________________________________________________

森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

カナマロン
℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
HP: http://kanamaron.com
email: info@kanamaron.com
___________________________________________________

営業時間とご予約

時間
11:00〜14:30 定休日

【お知らせ】
・14:00ラストオーダーです。
・日曜日は臨時休業の時があります。
・諸事情により10歳未満のお子様はお断りさせていただきます。

お電話でのご予約はこちら

08037867315

インターネット予約