トップ > ブログ

手作りソーセージ

1月10日(火)空いております。
必ずご予約のうえ、ご来店ください。

営業中は接客・調理のためお電話にでられないことがあります。
ご予約・お問い合わせなどは営業時間外にお願い致します。

カナマロンの様子
もう2月のご予約が入ってきております(汗)

前菜が8~10種類とかなり盛りだくさんになっており
準備するのに時間がかかっております(汗)

事前にご予約いただいておればかなりスムーズに
ご用意できますので、必ずご予約くださいませ!
よろしくお願い致します。

さて、とにかくウマいもんを作りたい意欲が最近激しい
カナマロニーでございます。

『ウマいソーセージのピッツァが食べたいっ!!!』

市販のソーセージってどうしてこれほどに混ぜ物が多いのか・・・
肉の味がしない・・・いろんなものでごまかされている・・・

そして
そのごまかされた味 = ソーセージの味
になっていないだろうか?

・・・ということで。
シンプルに、

  • 国産豚肉
  • 羊腸
  • 砂糖
  • 胡椒
  • のみの、ガチのソーセージを作りました。

    しっかり低温で乳化させて、白濁したミンチを
    羊腸につめました。

    これをボイルします。

    できあがりっ!
    フライパンに油をひいて、少し焦げ目をつけて・・・

    マロニー「鉄道君どう?これがソーセージやで。」
    鉄道「う~ん!おいひい~っ!」
    マロン「ご飯2杯いけるわ・・・」

    よしっ!明日はこれをピザにのせよっと!ブロッコリーが合うんですよね。
    楽しみ楽しみ^^
    (まだ試作段階なのでメニューとはなりませんことご了承ください)





    スポンサードリンク

    お知らせ
    カナマロンってどんな人達がやってるの???
    どこにあるの???
    いつやってるの???
    ___________________________________________________

    森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

    カナマロン
    ℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
    月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
    HP: http://kanamaron.com
    email: info@kanamaron.com
    ___________________________________________________

    絶対に失敗しないローストビーフの作り方

    1月8日(日)空いております。
    必ずご予約のうえ、ご来店ください。

    1月9日(月)は定休日となります。
    『空いてますか~?』とお問い合わせいただいておりますが・・・
    お休みでございます。申し訳ございません。

    営業中は接客・調理のためお電話にでられないことがあります。
    ご予約・お問い合わせなどは営業時間外にお願い致します。

    カナマロンの様子
    ただいま、シェフの気まぐれ前菜で
    特別に“和牛もも肉の窯焼きローストビーフ”をお出ししております。
    『それって・・・前菜なのか???』って感じでしょうか(笑)

    ローストビーフってなんか特別な感じがしますよね?(笑)

    でも、自分で作るとなると
    “う~ん・・・大変そうだな・・・”
    っていう感じかもしれません。

    そこで、今回は

    『絶対に失敗しないローストビーフの作り方』

    について書こうと思います。実際に私がやっている方法です。

    ローストビーフって失敗する事が多いようで・・・

    お肉の中心に火が通り過ぎて硬くなってしまったり、
    逆に、火が入らず生っぽく、ただの“牛もも肉のタタキ”に
    なってしまったり・・・。

    ただ、私はこれまでに失敗したことがありません。
    それは、“あること”をしているからなんです。

    では、最初からローストビーフの作り方を説明していきます。

    まず、使用するお肉ですが、
    私は、“和牛もも肉”を使用しております。
    一般的には、オーストラリアとかの真っ赤なもも肉を
    使われることが多いかもしれませんね。

    でも、やっぱり和牛がウマいですよ(笑)高価ですが。
    あと、“さし(脂)”が入ってますので
    たくさんは食べられません。
    一枚食べて、『う~ん贅沢~!やっぱり和牛はウマいっ!』って感じです(笑)

    安いものを大量に食べるのか、
    高いものを少量いただくのか、

    私は後者派なので、カナマロンでは“和牛もも肉”を使用しております(笑)

    さて、そのお肉に、
    塩、粗びきの胡椒、すりおろしニンニクを
    大量にまぶしましょう。全面に。
    “ちょっと多いんじゃない?”ってくらいで丁度良いです。

    それから、次が超重要な点。

    そのままお肉をラップで包み(衛生・乾燥防止)室温(20℃)で放置してください。
    1時間以上。
    室温が20℃以下・・・という方は、コタツを利用してもいいかもしれませんね。
    私は“ホイロ”という、ピザ生地を発酵させる部屋を利用しております。

    そして、お肉の中心温度を15℃以上にしてください。
    ここが超重要なポイントです。
    1時間で15℃以上にならなければ、時間を延ばしてください。

    温度計がない方は・・・買ってください(汗)
    これがないとムリなんです。
    この温度計が便利です↓

    お肉に千枚通しで下穴を開けて、そこに温度計をさせばスムーズですよ(笑)

    中心温度を上げる理由は、このあと火を通していくときに
    しっかりと中心まで火をいれるためです。
    中心が冷たいと、外ばかり熱くなって、中心は冷めたまま・・・
    “赤い血がジュワ~牛もも肉のタタキ”ができてしまいます(汗)

    さて、中心温度が15℃以上になり、味がなじんだところで、
    中火に熱したフライパンを用意します。

    少し油をひいて、お肉の全面をおいしそうな焦げ色がつくまで
    焼いてください。

    これは、このあと火をいれたときに、中の肉汁が外へ沁みださないように
    表面を固めておくためです。

    肉汁が出ないよう、全面をしっかり焼いたら、
    次はいよいよ中に火をいれていきます。

    ご家庭であれば、オーブンを使用することになります。

    すみません・・・うちは石窯を使用するので
    オーブンの設定温度わかりません・・・(汗)
    多分、120℃くらいで良いと思います。

    かなり低いな、と思われたかもしれません。
    でも、ここがポイントなんです。

    120℃よりもっと低くてもよいかもしれません。

    そして、じっくりと肉の中に火をいれていきます。

    肉の目標中心温度は50℃~53℃です。

    1時間~1時間30分くらいで中心温度が50~53℃になればベストです。

    和牛なら50℃がウマいです。

    途中でちょこちょこ温度計で様子を見てくださいね。

    目標の温度に達しましたら、
    アルミホイルに包んで、室温に放置しましょう。
    肉の中で暴れている液体を落ち着かせます。

    室温になりましたら、冷蔵庫に入れて保存します。

    こうしてできたローストビーフの断面です。

    和牛なので“さし”が入っております。
    しっかり火が通っております。

    この断面から、血が滲み出るようなら失敗です。
    火が通ってません。

    しっかり時間をかけて50℃になっていれば、
    肉汁はお肉の中にしっかりとホールドされます。
    だから、食べたときにしっかりジューシーなお肉の味がします。

    切った断面は、空気に触れると鮮やかな赤色になります。

    赤色でなければ、火が通り過ぎ・・・です。
    食感が硬くなってしまいます。

    でも、心配ご無用。
    温度計でしっかりと中心温度さえ管理すれば
    まず失敗することはありません。

    ただいま、この“和牛もも肉の窯焼きローストビーフ”を前菜でお出ししております。
    是非、ご賞味ください。お待ちしておりまーす!






    スポンサードリンク

    お知らせ
    カナマロンってどんな人達がやってるの???
    どこにあるの???
    いつやってるの???
    ___________________________________________________

    森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

    カナマロン
    ℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
    月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
    HP: http://kanamaron.com
    email: info@kanamaron.com
    ___________________________________________________

    フキノトウ

    1月7日(土)12時は混んでおります。
    少し時間をずらしていただいて11時、13時は空いております。
    必ずお電話にて空席確認のうえ、ご来店くださいませ。

    営業中は接客・調理のためお電話にでられないことがあります。
    ご予約・お問い合わせなどは営業時間外にお願い致します。

    カナマロンの様子
    これなんでしょう???

    この時期になると庭のあちらこちらから
    ニョキニョキと出てくる“フキノトウ”でございます。

    天ぷらにしたらおいしいんですよ。
    カナマロンさんは味噌とあえて食べてます。

    刺激が強いので少しだけいただきます。
    季節を感じられる程度に・・・





    スポンサードリンク

    お知らせ
    カナマロンってどんな人達がやってるの???
    どこにあるの???
    いつやってるの???
    ___________________________________________________

    森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

    カナマロン
    ℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
    月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
    HP: http://kanamaron.com
    email: info@kanamaron.com
    ___________________________________________________

    京都新聞掲載

    1月6日(金)今日までお休みです。
    1月7日(土)11時から営業致します。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    営業中は接客・調理のためお電話にでられないことがあります。
    ご予約・お問い合わせなどは営業時間外にお願い致します。

    カナマロンの様子
    朝から「鉄道くん新聞出てるでー!」と近所の方々から・・・

    えっ???


    京都新聞『甘南備山、穏やかな初登り 京都・京田辺、700人参加』

    ・・・って、聞いてないよー(汗)

    こうなったら、こちらも対抗して転載じゃー!
    文句言わんといてやー!京都新聞さん!(笑)

    ・・・ということで、先日、カナマロンさんと山登りに出かけた鉄道君。
    楽しそうにしていて何よりです。

    甘南備山登山。とても景色もよく、気持ちよいみたいですよ。
    お子さまでも気軽に登れるようで。
    おススメです。

    さて、お店はいよいよ明日から開店。
    年始、ちょっと豪華な前菜を用意しよかな。





    スポンサードリンク

    お知らせ
    カナマロンってどんな人達がやってるの???
    どこにあるの???
    いつやってるの???
    ___________________________________________________

    森の中のログハウスで石窯ピッツァランチはいかがですか♪

    カナマロン
    ℡ 080-3786-7315 (営業時間外でもご予約いただけます)
    月曜定休 11:00~14:30(14:00LO)
    HP: http://kanamaron.com
    email: info@kanamaron.com
    ___________________________________________________

    営業時間とご予約

    時間
    11:00〜14:30 定休日

    【お知らせ】
    ・14:00ラストオーダーです。
    ・日曜日は臨時休業の時があります。
    ・雑貨店(デイジーマーケット)も11:00〜14:30です。
    ・諸事情により10歳未満のお子様はお断りさせていただきます。

    お電話でのご予約はこちら

    08037867315

    インターネット予約